ピーナッツアレルギー症状と花粉症にトマトジュース

野菜果実過敏症と言うものがあります。
ピーナッツアレルギー症状など、果物や野菜を食べると喉や口などに痒みや不快感を感じる症状のことです。
これは花粉症の患者によく見られる症状と言われています。
これは、花粉症の原因となる抗原である花粉アレルゲンと野菜や一部の果物が持つアレルゲンが共有するためです。
花粉症を起こす抗体と口から入ったアレルゲンがアレルギー症状を起こしてしまうのです。
比較的軽い人では痒みや喉が詰まった感じ、唇の腫れなどを引き起こします。
一番重い症状になると、腹痛や下痢、吐き気などを引き起こす恐れもある厄介なものです。
ピーナッツアレルギー症状もそばなどと同様に、たとえ微量であっても重いアナフィラキシーショックなどを引き起こすものです。
酷い時は命にかかわる恐れもあり危険です。
米国では鶏卵や牛乳と並ぶ3大アレルゲンの一つとなっています。
ピーナッツアレルギー症状と言っても、ナッツ類が全ていけないというわけではないようです。
制限は最小限に留めるということを念頭に置きつつも、お菓子などを買うときには成分表示をしっかり見ておくことが重要となってきます。
果物アレルギーでも加熱などを施したものはアレルギー症状が出ないことも多く、加工品であるトマトジュースでアレルギーを起こす患者は少ないと言われています。
花粉症がトマトジュースで予防できるという話があります。
これはトマトに含まれる””ナリンゲニンカルコン””が花粉症の4大症状に聞くと言われているからです。
スギ花粉やひのき、ブタクサによって出る症状にも効果があると言われています。
それだけでなくダニによる症状やハウスダストなどにも効くという効果も期待されます。
野菜果実過敏症の人はトマトジュースを飲んで諸症状を改善しつつ、他のアレルギーも一緒に軽減していく事を考えてみても良いかもしれません。

ページトップへ