花粉やせきが気になる時に作るレンコンレシピ

花粉やせきが気になる時期は、気管支の粘膜の働きを向上させ、痰を切れやすくする性質があり、昔から世界各地で民間療法として重宝されてきた食材「レンコン」を使ったレシピを利用して、日々の健康を守っていくと良いでしょう。
花粉やせきが気になるときにおすすめなのは、フライパンで簡単に作れるコーレンと昆布の黒焼きです。コーレンとはレンコンをさらさらに乾燥させて粉末状にしたもので自然派食品を扱う店で購入可能です。花粉やせきが気になるときに非常に効果的なレシピで、作り方は簡単です。まずフライパンで昆布を20分から30分程度焼き、黒く炭化したら乳鉢やすり鉢などでよく擦りましょう。その後茶漉しで漉してサラサラにしたら、コーレン9:昆布の黒焼き1になるように計量し、オブラートなどで包んで1日2回から3回程度頓服します。味が気にならないようならばお湯で溶かして飲んでも良いでしょう。フライパンで昆布を焼くときには、全体に焦げ目がつくように様子を見てあげると良いでしょう。
それほど花粉やせきの症状が酷くないときには、日ごろの食事で美味しく食べることが出来る「ひじきレンコン」のレシピがオススメです。
ひじきは洗ってちょうど良い長さに切り、レンコンは薄いいちょう切りにしましょう。フライパンにごま油を熱してレンコン、ひじきの順に炒め、かぶるくらいの水を加えて中火で煮ていきます。その後しょうゆでお好みの濃さに味付けし、煮汁がなくなるまでよく煮詰めたら出来上がりです。花粉やせきが気になる季節には、フライパンで簡単に作れるレンコンレシピを利用して身体の免疫力を高めていくと良いでしょう。そうすれば気になる症状を改善していくことが可能です。

ページトップへ