地図表示の主流であるGoogleMapsAPIs - GoogleMapsAPIsの手続きと手順

地図表示の主流であるGoogleMapsAPIs

GoogleMapsAPIsを利用して地図を掲載しているウェブページはたくさんあります。
中でも今主流となっているスマートフォンやタブレット端末で起動するアプリもGoogleMapsAPIsを良く利用していているのです。そうなっている最も大きな理由の1つとして挙げられるのが無料であることになります。
カスタマイズがしやすいというのも人気がある理由といえるのです。
そしてGoogleMapsAPIsを利用してウェブページに地図を掲載できる様にするのがAPIキーとなります。このAPIキーを利用することによって色々なウェブページに地図を掲載させることができるようになるのです。

Google Maps APIs Premium Planの知識が身につきます。

無料で利用することが可能ですがトラフィックが一定以上の数値を超えると有料になります。
有料のアプリに地図を掲載させる場合も利用料金がかかることになるのです。ただし一般的なウェブページであれば、ほとんどの場合は無料で利用できます。



GoogleMapsAPIsが最も良く利用されているのが自分の会社の店舗の場所を示すための地図の掲載です。
様々な会社の公式ホームページで地図が掲載されているのを見かけることが多いですが、その地図のほとんどがGoogleMapsAPIsの機能を利用して掲載されています。



自分の会社の店舗の経度と緯度を入力することにより簡単に地図に目印を付けることができるようになるのです。
そして目印をつけたところに自分の好きな画像を表示させられるようにもなっています。